コラム

火災発生後のシャッターを開ける

火災が発生した際、シャッターに鍵がかかってしまいます。

外から鍵がかかったシャッターをどのように開ければいいのか分からないという方も多いようです。

消化が終わったあと、外からシャッターを開けるには、制御盤にある上昇スイッチを押すことで、搭載しているバッテリーをしようして、上昇することが可能です。
このバッテリー使用は、停電時でも使うことが可能で、停電をして電気が通らない場合も、制御盤にある上昇スイッチを押し、バッテリーの電力を使用してシャッターを開けることが可能です。

また、手動式シャッター等にもしようされているのですが、水圧解除装置というものがあります。これが設置されている場合、消防法巣を送水口に設置しその水圧によって水圧解除装置が作動し、シャターを開くことが可能になっています。

鍵のかかったシャッターを外側から、送水口へ向けて送水することによって、開く装置のタイプもあるので、どこに装置が設置されていて、どうすると解除されるのか等トラブルが起きる前にきちんと確認する事が大切です。

電動シャッターを取り付ける際に確認するか、また後から水圧解除装置を取り付けることも可能なので、装置の設置時に使用法を確認すること一つの案です。

0800-805-7617

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7617

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM放送中

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7617

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。