コラム

シャッターの材質

シャッターは、鉄、アルミ、ステンレスの三種類がシャッターのカーテン部分として使用される素材になります。

鉄は、加工面でも、正面でも素材の性質から使用しやすく、汎用性が高い素材です。
特殊塗装を行いカラー鉄板を使用して、シャッターが作られている事が多いです。

また、カラー鉄板を使用する事によって、錆にも強く使用上でのメリットも非常に多くあげられます。

また、シャターを巻き取る部分では、チューブ皮膜を設置していて、機能が劣化する事を、未然に防ぐよう働いています。

カラー鉄板の、カラーバリエーションは豊富で、どういう場面でシャッターを利用するのか、場所を選ばないという事も利点とされています。

アルミは、コストが少し上がってしまうのですが、錆びない為にいつまでも設置当初の様な、美しさを保ち続けることができます。
そのため清掃等もとても楽になります。

ステンレスは値段も底まで高いものではないので、選びやすい素材です。
アルミと同じようにサビないのですが、欠点としてカラーバリエーションが少なく、ステンレスカラーだけになってしまう場合が多いです。

建築物との中心的に考えられる方には、向かないかもしれません。

このようにシャッターの素材には、いくつかの種類と特徴があり、業者によって材質は様々だと思います。

今後のメンテナンスにも、錆等が故障原因になったりして、素材が関わってくる問題なので、電動シャッターを設置する際は、素材選びからしかり行う事が大切だと思います。

0800-805-7617

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7617

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM放送中

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7617

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103